楽天ポイント

楽天ポイント投資の始め方!500円投資・お得な方法・注意点を徹底解説!

ポイント投資

楽天のポイントで投資を始められる事をご存知ですか?

購入できるのは投資信託なのですが、1口100円から購入でき、買付代金の一部または買付代金のすべてにポイントの利用が可能となっています。

簡単に言うとポイントだけで投資信託が買えちゃうのです。これって凄くないですか?

楽天ポイントは大量に貯めることも可能なので、この一部(通常ポイント)をポイント投資にまわせばノーリスクで資産運用ができ、さらに解約時には現金で出金できるのです。

ポイントを楽天のサービスで使うのもお得ですが、ポイントを使った投資で資産運用を勉強し、「気付けば数十万円も積み立てていた」なんて楽しみ方もアリと思いますよ。

楽天ポイント投資の種類・始め方とは

まずは、楽天ポイントを利用した投資の種類を説明させて頂きます。

先述の通り購入できるのは投資信託になりますが、1口100円から購入でき、買付代金の一部または買付代金のすべてにポイントの利用が可能となっています。

1口100円からですが、100ポイントを使用して購入すれば1円も使うことなくポイントだけで投資信託を購入できます。

また、ポイント購入できる投資信託の種類ですが、通常買付積立買付の両方に対応しており、NISAつみたてNISAも含まれています。(取扱銘柄は2,600以上)

  • 1口100円以上1円単位から始められ、1ポイントから利用できる
  • 投資信託の通常買付と積立買付の両方にポイントが使える
  • NISAやつみたてNISAにもポイント利用可

※利用できるポイントは通常ポイントのみ

まだNISA口座をお持ちでない方は、ポイント投資の機会に開設してはいかがでしょうか。

楽天証券 【公式】

楽天証券の口座を開設する場合は、マネーブリッジという楽天銀行との連携をオススメします

マネ―ブリッジのメリット・デメリット・使い方解説!楽天銀行なら金利100倍で預金が出来る!

おすすめのポイント投資

私のおすすめは『毎日100円つみたてNISA』でポイント投資です。一度設定しておけば、毎日自動的に積み立ててくれます。

100円全額をポイントで積み立ててもOKですし、自動入金(スイープ)を利用して一部を現金で積み立てれば、ポイントも貯まって『ハッピープログラム』のステージアップにも効果的です。

ハッピープログラムとは、楽天銀行のメリットを最大限に享受するために活用必須のサービスです。

楽天銀行のメリット・デメリットを解説!お得な使い方・金利・ポイントまとめ!

毎日100円という事は1ヶ月で2,000円ほどの投資となり、年間で24,000円、5年で12万円ほどの投資となります。

また、毎日積み立てるという事は『市場の変動(上がり下がり)』に合わせて積み立てるので、資産価値を保つ投資とも言えるのです。(ドルコスト平均法)

もちろん積み立てのタイミングは毎日でも毎月でも可能ですし、1回あたりの購入金額も、余剰資金毎月の獲得ポイントを検討の上で決めて下さいね。(イメージ図⇩)

積み立ての例

毎月500円以上のポイント投資でSPU+1倍

楽天ではSPUというポイント付与率アップのサービスがあり、利用すると楽天市場での買い物で効率よく大量にポイントを貯めることが出来ます。

SPU
楽天SPUを徹底解説!楽天市場でのお得な買い物攻略法! 楽天のポイントを貯めるにあたって、必ず利用したいのがSPU(スーパーポイントアップ プログラム)というサービスです。これを知って...

楽天証券のポイント投資もSPUの対象です。

ポイント投資を利用したSPUの対象条件は、『月に1回500円分以上のポイント投資』と『楽天スーパーポイントコースの設定』となっています。

条件達成で楽天市場の買い物がポイント+1倍

SPUのポイントアップ条件にある『月に1回500円分以上のポイント投資』とは、最低1ポイント含まれていればOKです。

全額ポイントでも、ポイントと現金を組み合わせて注文した場合でも、SPUの対象になります。

 

ポイントを大量に保有している方や資金に余裕のある方は、1回の積み立て額を500円にして『毎日500円つみたてNISA』にしても良いかもですね。

1ヶ月に1万円ほどの投資となり、年間で12万円、5年で60万円ほどの投資となります。

もちろん、通常買付で500円分を月に1回でもSPUの対象になりますので、積立にする必要はないのですが一石二鳥かと思いまして(笑)

楽天カードで毎月積み立てすれば最大500ポイントGET

楽天カードで積み立て

実は楽天証券では、楽天カード決済で投資信託の積み立てが可能なんです。

投資信託をクレジットカードで買えるなんて凄いですよね。もちろんカード決済なので1%の楽天ポイントも付与されます。

購入可能額は毎月100円~50,000円までとなっており、毎月1日に自動積立となります。(積み立て日は選べず、毎日積立は不可で毎月のみ)

クレジット決済積み立て

楽天カードで毎月50,000円を積み立てると毎月500ポイントが貯まるので、これだけで購入代金の1%が利益として出ます。

獲得ポイントを更に積み立てすれば凄く効率のいい運用となるので、普通の投信積立よりも断然オススメです。

投資に興味のある方は、楽天カード楽天証券の組み合わせを覚えておきましょう。

楽天カード
楽天カードのお得な使い方!還元率を上げるポイントの大量獲得術!CM放送もしている楽天カード。知名度の高さや利用者の多さから『初めて発行するクレジットカード』に選ぶ方も多いですよね。それ、間違ってませ...

つみたてNISAの場合は注意

つみたてNISAの非課税枠は『年間40万円』なので、毎月5万円ずつ積み立てるとオーバーしてしまいます。

つみたてNISAを利用する場合のおすすめは、毎月33,333円の購入(1口で33,333円 or 11,111円×3口など)をすれば、『33,333×12=399,996円』となり年間の非課税枠に収まりますし、毎月333ポイント×12=年間3,996ポイントも貯まるので非常にオススメです。

また、ハッピープログラム(投信残高10万円ごとに毎月4ポイント付与)も対象になります。

NISAつみたてNISAの違い

NISA口座で投資をすれば、売却益や配当などが毎年120万円まで最長5年間非課税となります。

つみたてNISAは、積み立てた資金の運用益が非課税となり、1年間で投資できる上限は40万円。ただし、最長20年間の積み立てが可能。

楽天ポイント投資の注意点

利用できるポイントは通常ポイント

楽天のポイント投資に利用できるポイントは通常ポイントのみです。

期間限定ポイント他のポイントを楽天ポイントに交換した分は利用できません。

期間限定ポイントなどは楽天市場楽天トラベルなどで利用しましょう。

ポイント
楽天の期間限定ポイントの使い方【お得編】期限内消化のコツを解説!楽天市場での買い物や楽天カードで支払いをしていると、楽天の期間限定ポイントが驚くほど貯まりますよね。(平気で1万ポイントとか貯まります)...

SPUの対象条件

SPUのポイントアップ条件は、『月に1回500円分以上のポイント投資』と『楽天スーパーポイントコースの設定』となっています。

『月に1回500円分以上のポイント投資』とは、最低1ポイント含まれていればOKなので、499円と1ポイントでも対象です。

しかし、複数回に分けて合計500円分以上のポイント投資をした場合はSPU対象外となりますので、『1回で500円分以上のポイント投資』をするという点に注意して下さい。

SPU対象

また、楽天証券には『楽天スーパーポイントコース』と『楽天証券ポイントコース』があり、SPUの対象になるには月末時点で『楽天スーパーポイントコース』に設定している事が条件です。

2018年8月31日以前に、楽天証券ですでに『楽天スーパーポイントコース』を選択されている方も、会員情報連携の同意が必要なので再設定が必要です

まとめ

楽天ポイントは楽天のサービス利用でザクザク貯まりますが、ポイント利用に追われて余計なものを買ってしまうことを考えると、ポイント投資は非常に有効的なポイント利用法と言えます。

期間限定ポイントを使いこなして買い物やサービスの利用をし、通常ポイントを投資にまわせば数年後には驚くほど資産が増えているかもです!

まぁ、資産価値が下がる可能性もありますが、投資信託なのでリスクは低めですし、何より自腹のお金じゃない分だけ心に余裕が出ますよね。

楽天ポイント投資はとてもオススメですし、投資をしているのに知らなかった方はスグにでも始めてみてください。こんなにお得な投資はなかなか無いですよ!

マネーブリッジ
マネ―ブリッジのメリット・デメリット・使い方解説!楽天銀行なら金利100倍で預金が出来る! 楽天銀行にはマネーブリッジというサービスがあり、楽天銀行で口座開設をするなら絶対に利用して頂きたいシステムです。 マネーブ...
ポイント
楽天の期間限定ポイントの使い方【お得編】期限内消化のコツを解説!楽天市場での買い物や楽天カードで支払いをしていると、楽天の期間限定ポイントが驚くほど貯まりますよね。(平気で1万ポイントとか貯まります)...